曇無徳部四分律刪補随機羯磨

どんむとくぶしぶんりつさんぽずいきこんま

唐代の僧・道宣撰。江戸前期の古活字版。『江戸時代初期出版年表』によると、『四分律比丘含注戒本』、『四分律比丘含注戒本疏』、『四分律刪補羯磨』、『四分律刪補羯磨疏』、『四分律刪補羯磨疏済縁起』の五種は、「同種活字、同装、同時刊か」とされている。なお、『四分律刪補羯磨疏済縁起』は「慶安五壬辰歳吉旦 三条通菱屋町婦屋 林甚右衛門尉板行」の刊記を持つという。本学ではこのうち『四分律刪補羯磨』と『四分律比丘含注戒本』を所蔵する。

参考文献 『江戸時代初期出版年表』