元亨釈書

げんこうしゃくしょ

鎌倉末期成立の日本仏教史書。鎌倉後期の禅僧・虎関師錬の著作。伝、表、志の三部からなる。最初の刊行は永和3年(1377)で、ついで慶長4年(1599)、慶長10年(1605)、元和3年(1617)にそれぞれ活字版が、寛永元年(1624)に木版本が出版されている。本書は巻末に「慶長乙巳歳仲夏日 下村生藏刊之」とあることから慶長10年の古活字版であることがわかる。巻末に名が記されている下村生蔵は印刷者と考えられており、他に『医学正伝』(慶長8年刊)、『教誡新学比丘行護律儀』(慶長9年刊)などの古活字版の出版に関わったことで知られている。また本書には「嵯峨蔵」の蔵書印があるが、印主は不明。

参考文献 今枝真愛「元亨釈書」(『国史大辞典』)、『江戸時代初期出版年表』