淨土三部玅典

じょうどさんぶみょうてん

「浄土三部」とは浄土宗の根本聖典である「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」のことをいう。本書は写本で、表紙裏に「東都/四体(ママ)葊貞極老師謹冩/長恩山深有縁殘之」、巻頭題の下に「大楽寺什本」、巻末に「正徳六丙申年六月二十五日 立譽(花押)」とある。書写者の貞極(ていごく、1677-1756)は浄土宗の僧で、一蓮社立誉、通称四休庵という。表紙裏の墨書によれば、立誉は「深有縁」、この本を長恩山大楽寺に残したとある。大楽寺は越中国(現在の富山県)の浄土宗寺院。