空蕐談叢

くうげだんそう

江戸中期の僧で興正寺5世の諦忍(妙竜、1705-1786)が著した随録集。「空華談叢」は4巻4冊で天明6年(1786)に刊行されているが、もとは7巻であり、前編4巻のみが先に刊行され、後編は結局刊行されなかったという。前編4巻のうち2から4巻の自筆原稿は興正寺の八事文庫に所蔵されているが、本学で所蔵するこの「空華談叢」は未刊行分の5巻から7巻の自筆原稿であり、各巻の表紙には「以下未刊行」「未刊行」などと注記されている。

参考文献 川口高風「諦忍律師の『空華談叢』について」(『愛知学院大学教養部紀要』43巻2号)