選擇傳弘决疑鈔 寛永9年版

せんちゃくでんぐけつぎしょう かんえい9ねんばん

建長六年(1254)、良忠(1199-1287、浄土宗第三祖)が下総地方の教化によって鏑木九郎の帰依を受け、匝瑳郡鏑木に住んでいたころに辨長(1162-1238、浄土宗第二祖)から授けられた『選擇本願念佛集』を註解したもの。良忠は浄土宗の教学を大成し、然阿、記主禅師の名でも知られる。
本書は「寛永九年壬申仲秋吉旦 新刊」の刊記はあるが、版元は記されていない。四周単辺無界、毎半葉九行毎行十八字黒口という版式は一貫しているが、上下向き合った魚尾は黒の中に花が混在している。

『佛教大学附属図書館所蔵 貴重古典籍目録』より