選擇本願念佛集 建長版

せんちゃくほんがんねんぶつしゅう けんちょうばん

建長頃刊 半面六行十七字 縦二五・五糎、横一五糎 烏子 粘葉装 修復あり 浄土宗宗宝 無刊記
[本末見返し墨書] 知恩寺卅一代 釋岌興花押

法然(一一三三-一二一二)が、建久九(一一九八)年六十六歳の時、九条兼実の要請によって撰述したもの。内容は念仏の要文をあつめ、その要義を十六の章に分ちて論述してもので、浄土宗の根本聖典である。

藤堂祐範『選擇集大観』によると、選擇集の出版の種類は粘葉綴古版本十二種、袋綴本五十二種、近代活字版および銅版本十四種および袋綴本に追加されるべきもの一種を加え、計七十九種の多くを集録している。この古版本は、粘葉綴古版本十二種のなか、延応版に次ぐ古い版本で、刊年はないが尾題の後に、「浄土教門解脱詮 今開印板弘流轉 迴施尊儀及群類 順次同生九品蓮」の刊記があることにより、建長三(一二五一)年の刊年をもつ西本願寺本、また東洋文庫本とも異版である。どちらにしても建長頃の古版本であることには疑いない。

この古版本は、京都極楽寺より寄贈されたもので、現在極楽寺文庫として利用に供しているものの一部である。

本末の見返しに墨書されている岌興は、生卒年代は明らかではないが、天正十三(一五八五)年に知恩寺第三十一代に晋董している。また天明四(一七八四)年に傷みがひどいため裏打修復もしている。

『佛教大学図書館蔵貴重書図録』より