新着情報

佛教大学図書館デジタルコレクションから、更新情報やお知らせをお届けします

「丹鶴叢書」、「千とせのためし」、「丹鶴圖譜」、「丹鶴外書」を追加

丹鶴叢書」、「千とせのためし」、「丹鶴圖譜」、「丹鶴外書」を追加しました。

『丹鶴叢書』は紀州藩附家老・水野忠央(みずの ただなか 一八一四 ~ 一八六五 新宮城主、丹鶴と号す)の輯刻になるわが国の代表的叢書のひとつである。
同叢書は弘化四(一八四七)丁末年から年を追って、戌申(一八四八)年、己酉(一八四九)年、庚戌(一八五〇)年、辛亥(一八五一)年、壬子(一八五二)年、癸丑(一八五三)年、と数点あるいは十数点ずつ計百五十四冊が刊行されている。
また、これらの叢書とともにほぼ同時期に外書と称される図書が数点刊行されている。「丹鶴外書」と冠した『大系圖画引便覧(おおけいずかくびきべんらん)』および『丹鶴圖譜(たんかくずふ)』『千歳例(ちとせのためし)』などである。
『常照-佛教大学図書館報 第56号』より