新着情報

佛教大学図書館デジタルコレクションから、更新情報やお知らせをお届けします

「選擇傳弘決疑鈔」、「漢書(朝鮮古活字版)」を追加

選擇傳弘決疑鈔」、「漢書(朝鮮古活字版)」を追加しました。

選擇傳弘決疑鈔

浄土宗第三祖然阿良忠(1199-1287)の撰述にかかるもので、著作五十余帖を数えるなかで、『観経疏伝通記』とともに彼の代表的な著作物である。弁長より授けられた『選択集』を注解し、適宜に問答体によって、異流の義を論派したもので、建長六(1254)年の作。はじめは在阿の要請時では四巻本であったが、建治三(1276)年以降は、五巻本(再治本)となった。

本書には、十三種の版本と三種の写本が存在しているなか、写本では本館所蔵本と鎌倉光明寺良暁(1251-1328)書写本、断簡として金澤文庫がある。この本館所蔵本は、奥書から良忠没後十三年にあたる永仁七(1299)年に良忠自筆の再治本から書写したもので、佐介御房とあるから悟真寺に伝承した書写本であろう。また良暁本と較べると字体等によりほぼ同時期のものではなかろうか。
『佛教大学図書館蔵貴重書図録(1997年発行)』より

漢書(朝鮮古活字版)

本書は完本ではなく、全三十六冊のうち原本は三十一冊で、列伝第一九から第二十五、第四十から第五十二までの四冊は和刻本の漢書評林を配している。
本書の巻尾にみえる朝鮮国(李朝世宗)寛徳三(一四二八)年の銅活字版印刷についての下季良の跋文と、寛徳六年の刊記により、朝鮮で庚子字(世宗二年[永楽一八年]鋳造)により印刷されたものであることはわかる。本書の祖本となった宋版漢書は、景祐刊誤本以後のもののようであるが今は不明である。
なお本書には室町時代の京都五山の僧と思われる人の訓点や書入れが多くある。今のところ、本書はこの種のものでは世界の孤本で、非常に価値あるものである。
『佛教大学図書館蔵貴重書図録(1997年発行)』より