新着情報

佛教大学図書館デジタルコレクションから、更新情報やお知らせをお届けします

一般公開に「觀經玄義分傳通記見聞」「觀經序分義傳通記見聞」「觀經定善義傳通記見聞」「觀經散善義傳通記見聞」が追加されました

一般公開に「觀經玄義分傳通記見聞」「觀經序分義傳通記見聞」「觀經定善義傳通記見聞」「觀經散善義傳通記見聞」が追加されました。

觀經玄義分傳通記見聞
良忠『觀經玄義分傳通記』の注釈書である。享保14(1729)年、木活字により印刷されている。
江戸時代、木版印刷が広く行われるようになると、活字印刷は衰退したが、必要がある場合、少部数を木活字で印刷することがあった。江戸の増上寺では、享保年間に木活字を新調し、享保12年から17年までの5年間で7部32巻を活字印刷したという。本書の各巻には「享保十四己酉年七月九日謹摺冩/活字施板 三縁山袋谷方國」といった刊記が入る(日付は巻により異なる)。
参考文献 藤堂祐範『浄土教古活字版圖録』

觀經序分義傳通記見聞
良忠『觀經序分義傳通記』の注釈書である。享保15(1730)年から翌年にかけ、木活字により印刷されている。
江戸時代、木版印刷が広く行われるようになると、活字印刷は衰退したが、必要がある場合、少部数を木活字で印刷することがあった。江戸の増上寺では、享保年間に木活字を新調し、享保12年から17年までの5年間で7部32巻を活字印刷したという。本書の各巻には「享保十五庚戌年四月十八日謹摺冩/活字施板 三縁山袋谷方國」などといった刊記が入る(日付や文言は巻により異なる)。
参考文献 藤堂祐範『浄土教古活字版圖録』

觀經定善義傳通記見聞
良忠『觀經定善義傳通記』の注釈書である。享保16(1731)年、木活字により印刷されている。
江戸時代、木版印刷が広く行われるようになると、活字印刷は衰退したが、必要がある場合、少部数を木活字で印刷することがあった。江戸の増上寺では、享保年間に木活字を新調し、享保12年から17年までの5年間で7部32巻を活字印刷したという。本書の各巻には「享保十六辛亥年七月二十九日謹冩/三縁山 活字」といった刊記が入る(日付は巻により異なる)。
参考文献 藤堂祐範『浄土教古活字版圖録』

觀經散善義傳通記見聞
良忠『觀經散善義傳通記』の注釈書である。享保16(1731)年、木活字により印刷されている。
江戸時代、木版印刷が広く行われるようになると、活字印刷は衰退したが、必要がある場合、少部数を木活字で印刷することがあった。江戸の増上寺では、享保年間に木活字を新調し、享保12年から17年までの5年間で7部32巻を活字印刷したという。本書の各巻には「享保十六辛亥年十一月二十日謹冩/三縁山 活字」といった刊記が入る(日付は巻により異なる)。
参考文献 藤堂祐範『浄土教古活字版圖録』