原文

大神樂(だいかぐら)

神代(かみよ)のむかし天(あまの)岩戸(いわと)のまへの御神楽(みかぐら)に八百万(やをよろず)神 (かみ)たち すゝしめの神うたに岩戸(いわと)をすこしひらき面(おもて)しろやとの神(かみ)の御声(みこゑ) 末(すへ)の代(よ)のまなびは曲 (きょく)太鼓(たいこ)を打(うち)獅子舞(ししまい)をし都わらんべをいさましむるに 面(おも)白(しろ)やとは今もいゑり 実神國(けにしんこく)のしるしなれはいづれかこれをあふがさらん

解説

「大神楽」では曲太鼓、獅子舞を伴った岩戸神楽の様子が描かれています。