原文

上巳(じやうみ)

陽春(ようしゅん)の徳(とく)そなはりて 弥生(やよい)の空(そら)は青(あを)楊(やき)をいとなまめかしき小女(こむすめ)まて千筋(ちすじ)の髪(かみ)にかけまくも 神のおきてをさからはぬしるし 桃色(ももいろ)の小袖は永(ながき)日のかげにうつろひひゐなの契りあさからぬ御代とかや

解説

「弥生節句」の本文中標題は「上巳」、中国由来の行事で五節句のひとつ、弥生三月上旬巳の日の節句で、後に「三」を重ねて三月三日の雛祭りとなりました。「重三」ともいいます。