原文

光明山引接寺

當寺念仏は此寺の桜さき次第に初る
狂言の次第は壬生におなし
龜山院の御宇
文永年中に如輪上人はしめ給ふ
開基は定覚律師
閻魔王は定朝作
寺領五石