原文

常の御殿(つねのごてん) 東西十三間半 南北十間半

桓武天皇ゑんりゃく十三年に長岡の京より此平安城にうつされしよりこのかた九百年余て二たび他国にうつさるゝ事なし
千龝萬々歳の地也
公卿殿上人その品位たゞしく朝政つとめ給ふ
うつくしき冠の纓の左往右往として大人の風に裾をふかせ給ふ御有さま
おさまれる世のためしかくこそあるべけれ