原文

[花見之體]

【上段】常さへあるに
ぎをんの春は
なをいやましのにぎはひ也

【下段】ちをんゐんの詠はさら也無情を花になぞらへてしばらくのたのしみもさとりにちかき風情とぞ

解説

「花見之體」には祇園感神院の鳥居あたりと知恩院、高臺寺と東寺、御室仁和寺と北野神社右近の馬場が見開きそれぞれ上下二段に描かれています。