原文

[狂言]

【上段】此寺のきやうけんのはしめに
かならず猿をまねひてつなわたりをする事
壬生寺にかきる故ありとそ

【下段】おけとりのおんなを道心者のみそめて
さまさまくときおとして妻とするを
はしめの妻ねたみて
うはなりするてい也
あさひな
めいとへゆきて
鬼ともをいさめ
ゑんま王にわひことさせるてい也