大江山奇譚(上)

夫日本我てうはこれ神國にて天神七代地神五代すき
人皇の代となりてしやうとく太子はしめて佛法をひろめん
ために王となりてれんみんをはこひじひをたれたまひし
よりしやうむてんわうゑんきのみかとまても佛法王法に侍りて
まつりことすなほにしてはんみんをあはれみたまひしこと
唐帝のいにしへ尭舜の御代にもこへつへしされはにやかせ
やわらかにして枝をならさす世しつかにしてつちくれを破らす
國土あんおんにして人民まてもたのしみゆたかなりしかるに
一条院の御宇に至りてなを佛法さかんにして万民ともに
たのしみけることなのめならすかゝりけれは武家のちうしん諸道の
古人いんやうのまさしきにいたるまてこの時にあつまれり上代
にも末代にもか程のものともあるへしともおほへす天下のふつき
みことのはんしやう今の時なりけれはかゝる御代にあはん事ある
ましとそ申あひける然にみやこにふしきの事そいてきける
人民をゑらますみめかたちのうつくしき女房うせける事数しら
すはしめ五人十人は其身のふしやうかまたしゆ行とんせいのためか
なとゝいろくにいゝなけきかなしむといへともひろうするにてたて
なかりしかあまりにおほくうせけれはこれ天下のわつらひ万民のな
けきたとへんに物なしいつくよりなにもの候とも又はまゑんのしは
さともしりたらはこそいかなるほうへんもあらめたゝいかゝせんとなけき
かなしむはかり也かゝりける所に池田の中納言國かたの卿と申人おはし
けりみかとの御おほへめてたくして萬たからのあきみち心にか
なはすと云事なし然にうつくしき姫君壱人もち給ふめてたく
心さまいみしかりけれは國かた卿たくひなく世になきものゝやうに
もてなしかしつき給ふ所にある夜の夜半にくれにうせて見えたま
はす父母の御なけきなのめならす天にあふき地にふしてもたへ給ふ
あまりの御事にや灵仏灵社にまいりて色くの願をたてさまくに
心をつくして此姫君の有所をそいのり給ふ人のおやのならひ高きも
くたれるも子をあはれむものそかしましてたゝ一人の姫君をうし
なひ給ふ御心のうちいかはかりか侍るらんとよその袂まてしほりけり
しかる所にせいめいといふまさしきさう人侍りけりすひてうはたな
こゝろをさすかことく天魔あくりやうもおそれをなすほとのめい
よのそう人なりかれをめしてのたまはく我執柄の家に生れゑい
くわ身にあまりくわんらく心にまかせ何事につけても心に
ふそくなししかるにわれ一人の子をもつ身にかへ大事のたから
よりもおもくあらき風にもあてしとおもひしに行かたしらすうし
なひて侍れは心のうちおしはかり給ふへしよくくかんかへて
今一度かはらぬすかたをあひみせてたへと仰せけれはせいめい
七日七夜をこなひてかんかへきして國かたにたてまつる其文に
いわくみやこより北いふきのすそせんちやうかたけといふところに

岩やありすなはちおにのすみかなりかのおにの名をは酒呑童子
といふなりこのおにのしわさなり姫君はいまたしゝたまはす我
神符をもつてかのおにの死をのかれて父母のこうかんにいれん
ときし申したりけれは國かたの卿此よしを聞たまひてなのめならすに
おほしめしけれはかのかんもんをもてみかとへそうもんし給ふ所に
みかと大きによろこひ給ひすなはちくきやうせんきありて諸家
の儀をものへられけりある大臣申されけるはむかしもさること
ありさかの天皇の御宇に人民おほくうせしかは國土のなけき申
はかりなしその時に弘法大師はちよくをうけてしゆそせしめた
まひしそのゆへに人のうすることはとゝまりき今の世にさやうの
しゆそすへきかうけんのそうもあるへからすたゝことの心をあんする
に天下に武士をおかるゝ事はいてきのものをたいちせられんか
為なりこゝに攝津守頼光と申は清和天皇の後胤として
武藝のきりやうたりちから人にすくれそのたけきことはんくわい
ちやうりやうにもすくれまなこのひかり神通をそなへ自他の善
悪をよくさとりみることたなこゝろをさすかことしされは神慮も
これをこかしてんまもおそれぬへしいにしゑいまにありかたき
武将なりと申されけれは諸卿一同してもつとも此義しかるへし
とて頼光をめされけり頼光勅にしたかひ参内せられける四
天わうと聞へけるつなきんときさたみつすへたけめしくして南殿
まてそまいられけるすなはち國かたの卿をもつて仰くたされけるは
なんちてんめいをうけて朝敵をたいらけ天下に威をふるうこと
度々におよへりされは國土をはこくみ万民にあわれみをなしける
所にかゝる叓のいてきたることこれまるかためにはふかき朝敵也
いふきのすそせんちやうかたけといふ處におにありいそきかの所
におもむきて鬼神をほろほして國家のいきとおりをやすめ万民
のなけきをとゝめはまるかためにはならひなき忠節なんちかため
にはきたいのめいよなるへしと仰くたされけれは

頼光ちよくをうけてやすくとりやうしやう申我宿所に帰りて
四天わうの人くにひやうじやうせられけるはよくくことの心をあ
むするに凡夫のちからにてはおよひかたし佛神の御かこをたのみ
奉り申さんこれ國土民のためなれはなとか神明も御納受な
かるへきとおのく神社に参詣していのり申されけるまつ頼光
は八幡宮にまいり三日三夜こもり給ひしに御灵夢をかう
ふりてすなはちよろこひてほうへいを奉り給ひけりつなきん時
は住よしへまいりけりさたみつすへたけは熊野三所を勧
請してきせいのたなこゝろをあわせけり頼光のたまひけ
るはそんするむねあり大せいはかなふましなんちらはかり召
くすへしそのほか保昌をかたらふへしとてつれられける
都合六人をのくめんめんに出立てみなく山ふしの姿に
なりておひを一ちやうつゝかけられたり頼光のおひの中
にはひおとしのはらまきに獅子王といふかふとをそへて

いれられたるくもきりとて二つのつるき有二三尺ありけるち
すいをそ入られたる保昌はむらさきいとおとしのはらまきにいわ
きりといふ小長刀の二三尺あまりありけるをなかごをうちきり
つかを三束計にこしらへて馬の尾をもつてねたまきに
まかせたりけるをいれられけりつなはもよきのはらまきに
鬼きりといふうち刀を二尺あまりにこしらへたる太刀をいれ
けるのこる人々もおもひくにこしらへておひの中へそ入
にけりおのく六人都をたちて丹波國いふきのわきに
つきけれは大江山とたつねせんじやうかたけを人ことに尋
けれとしらすとこそはこたへける
さても大江山をこへ野をすき行ことかぎりなしたましい
おそれてめも心もまよひ身もくるしみすいなふをくたきぜんご
ぼうぜんとしてそおほしける野くれ山くれ行ほとに大なる
ほらありいそきたちより見るに立家あり五十あまり成
おとこ二人山伏壱人立たりつな申けるはこのものともは鬼の
けんそくともとおほへて候これらをとらへて事の子細をおたつね
はやと申けれは頼光のたまひけるはまつしはらくかれらに心を
つけなはあしかるへしいかにもくしのひよりてよきやうにあいし
らいて心をとり城のうちのあんないをもたつね侍らんとてかの
者ともにのたまひけるやうはこれは諸國修行の行人にて候か
みちにふみまよひて來り候こゝおはいかなる所とか申そ大道へは
いつかたへ出候へきそととへはあらおそろしやいかなる人達なれは
この所へはきたり給ふらんこれこそよそへもきこへ候せんちやうた
けおにか岩やと申ところにて候へよのつねの人はきたることはなし
あれを見たまへほりのむかいに候山よりせんちやうかたけと申て鳥
たにもかよひかたしあの山のあなたに鬼かいわやとてありける
なりさてこそおにのけんそくともか時くいてゝあそひ候へ
はやくかへり給へとそ申けるかやうに申われらをおにの
ぶるひとおもひ給ふへからす我くもさりかたき人を鬼に
とられてこのかたきをとらんかためにこの所には候へともわれらか
ちからはかりにてはかなひかたくして年月を此山におくり候
なりめんくも心おき給ふへからすかたくをみたてまつるに
たゝ人にてはましまさすこれへ入給へ委物語申さんとてうちへ
しやうし入てかたりけるいかにもこのものゝ心をとらんとて酒ひ
とつとり出してすゝめけり三人の中にも主壱人ありとお
ほしくて座上にいたりおきなさかつきをひかへて申やうかたく

のさほう見るにふかくねんし給ふことありのまゝにかたりたまふ
へし我等もちからをあわすへしおにかいわやのあり様をく
はしくそんして候へはおしへ申へしせんきまんきをそつして
むかひ給ふとも人のちからはかりにてはゆめくかなふへからす
神明のかごをもつてほろほしたまへと二心なけにそ申ける
心のほとうちとけてそかたらひける頼光いかさま氏神の
ちからをそへ給ふにやとたのもしくおほしめして有のまゝに

そかたり給ひける三人の人々のたまひけるは御こゝろさし
あさからすありかたくおもひたてまつるわれらも御とも申へ
しとのたまひけるその時同心にいたりけるおきな仰候は
此おにも酒をあひしてのむうへは身のうすることもしらす
うちとくるものにて候へはこの酒をよくくのませてめんく
はあひかまへて一くちもまいり給ふへからすこれはすなはち
毒酒にて候なりとてうちより酒をとりいたしてかたくの
さゝいのあきたるにそ入てもたせける又ほうしかふと壱つとり
いたし頼光にたまはるとてときん下にき給ふへし此鬼は神
通のまなこをもつてその人をよくくみて人のこゝろの
うちをもしるものなりこのかぶとたにもきたまひなはそれを
しる事ゆめく有へからすその身のつゝかも有ましたの
もしくおほしめし候へとこそのたまひける
かの鬼は神通自在にして人をたふらかしたしぬき其
はかりことのかしこきことは中くことはにのへかたくよくく心
へ給ふへしとて三人の人々のたまひけるはおのくこの池
をこへたまはんことありかたしとてまつ三人はたやすくとひ
こへむかいに大なるまきの木ありこれをおしたおしはしに
うちわたしはやわたり給へとのたまひけれはをのく六人めを
見合てすこしもいそきわたり給ふかのせんちやうかたけと申は
見るにはんしやくことくくに雲をひきれいくたる岩ほ
千谷にふさかりて人の通路もなしほうせんたる所にたゝ
三人の人々をさきにたてゝいたりけりあるひはさかしき
道をはよきまさかりをもつて足かたをうち手をとりて
ひきのほせられけるこの人々のありさまたゝことゝもおほ
へすいよく行すへもたのもしくおほへけりこゝに大なる岩
あな有けるに内に入てみるにくらき事かきりなしせんこも
おほへすおそろしさはいふはかりなししかりといへとも三人をせん
たちとして行共く道もなしかの一行あしやりのるさい
のみちにおもむきてあんけつたうにまよひしもこれにはいかて
まさるへきとそおほへしいまは五六里もすきぬらんとおも
ひしにほのくとあかき所にそ出たりけるまた此さきに
川ありとのたまひけるこの川につきてのほるへしかならす鬼
の城にてはちからをあわせ申へしたのもしくおもひたまふ
へしわれくをはいかなるものとかおもひ給ふらんこれは八幡
すみよし熊野ゝ権現のすいしやくなりとのたまひて
かきけすやうにうせたまひける

かゝりけれは頼光以下の人々行すへ猶たのもしく覚し
めしいよくいさめるこゝろつきてこの川につゐてのほり
けるこゝに年のほと十八九はかりなる女房のすかたうつ
くしきかこの川のはたにてきるものをあらいて至り
ける人々たちよりていかなる人そ何とてなみたをなかし
給ふそとのたまひ(見せ消ち) へはなにともものはいわすしてたゝなく
よりほかの事

そなきやゝありてなみたをおさへて申けるはあらおそろしや
ないかなる人々なれは此所へきたり給ふらんよのつねの人来る
事なしもし道に迷ひ給はゝいそきかへりたまひ候へとて
申けるこの人々このよしきゝ給ひてこれはいかさまおにの
けんそくわれくをたふらかさんとてかたちをへんしたる
にやとそ申けるつなたちよりて申けるは御身いかなる人にて
おほすれはかゝる所にたゝ一人おはしけるそとゝひけれは
女房なくく申やう我らはみやこのものにて侍る也こその春のころ
鬼にとられてすてにゑじきとなるへき身かふしきにいまゝて
なからへて侍りなりみやこよりとられたる女房とも三十よ人
いまに侍るなりしたしくおほしめすくにかたの卿の姫君も
いまたおはしまし候かやうにとりおきたる人々をは後には
人屋にこめ身をしほり血をいたして酒となつけのむ也
又しゝむらをきりとりてゑじきとす爰に八条の中納言とき
こへける人の姫君をとりたてまつりて二三年になりつるを
けさ身をしほりて血をいたしいきたへつる所にまたくすりを
あたへいのちをたすけぬきるものみなちになり候を番にかは
りてすゝかせ候けふはわれらかばんにてすゝき候いつかわらはも
かやうにしられていのちをうしなひ候はんとおもひ候へはなみた
のこほれぬひまもなしとてさめくとそなきたまひける