大江山奇譚(下)

扨とかむるものもなきまゝにちうくのかためをなんなくとお
りてみれはくろかねのへいあり同門あり戸ひらをたて内
よりくわんぬきをさしかためたりいかなるものもやふりて入
へきやうそなかりける籠のうちをのそききてみれは四方にとも
し火たかくかきたゝてまくらのかたに大まさかり後にはかなさい
ほう其外鉾とも立ならへたりとうし伏たるをみれは昼の姿には
あらすして二丈はかりなるふしたけかしらはそらにもえあかりまつ毛
はあかゝねのはりをたてたるかことし足にはくろき毛ありさな
からくまのことしあし手を四ほうになけまはして女房十人計
を四方になけまはりをなてさすれなとゝてたかいひきをかき
て前後もしらすふしたりける此女房達かの人々をみつけて
うれしさかきりもなしもしやおとろきあからんときもをけし
いかゝして戸をあけんとおもひけれともかなふへきにあらすたゝさ
はきてきもをけす頼光以下もとはたゝ爰ひとへ也いそきいら
んとおもひ給へともなにとしてもうちやふり侍らんと六人の人
くあんしわつらひていかゝせんとてたゝすみ給ふ

かゝりけるところに有し老翁の山ふし三人ふときたつて嬉
しくもこれまて参りたまひぬる物かな今はかうとこそおほゆれ
さりなからゆたん有へからすとてくろかねのつな四すし此人々に
あたへてのたまひけるやうはとうしかてあしに此つなをつけて四
方の柱に能くからみつけ給へ五人の人々はとうしか手足
とうたいにかゝり給ふへし頼光はくひをうち給へ今こそせんとな
れゆたんありてはあしかるへしいてく門をあけ奉らんとて三人
よりて同心におされたりけれはさしもにつよくみえし貫抜
も一とにくたけて門は左右にいなくひらけて扨この三人かき
けすやうにうせ給ふ
扨頼光をさきとして六人の人々我先にと童子かね
たる所へみたれ入てをしへのことくかねのくさりにて四方に
つり其後頼光つるきをぬきてくびをきり給ふ残る
人々とうたいあしをきり給ふにとうしかつはとおきあか
らんとしけれともかねのくさりにて四ほうへつりたりし
ことなれはいかにたけくうこくともその甲斐もさらになし
しかれともくろかねのつなみすちきれいまひとすしにて
とゝめたりとうしかくひうちおとし給へるにくひそらへとひ
あかりどくをはきかけてそまはりける人々とうたいに
□ゝりてそのせんときり給ふしはらくありてこの□
頼光のかふとのはちにくひつきたりしゝわうをはくひ
とをしけれともほしかふとにてくひとゝむもしもこのほし
かふとをまたまかすは頼光の御いのちもあやうかり
けん事ともなり

其後首をうちおとしぬいまはけんそくのやつはらをうたん
とてめんくに又かゝられけり童子かまくらにありけるまさ
かりをは綱とりて出にけり去程にゑいふしたるけんそく
ともおとろきあわて候これはひるの山ふしのしわさなるへし
あますなもらすなとて石はしの上へをめきさけんてせめて
のほる其こへはばんしやくもくつるゝかとおひたゝし頼光
保昌のたまひけるはいまはなにともあれ童子をうちぬるうへは
けんそくのものともはいかほとありてもうちとるへしとていさみ給
ひてたかき所にたちならひ四天わうの人々に下知してかの石
はしをおひくたし五六とこそせめたゝかいけるこゝにまたゑん
わうといふ大ちからのくせもの有かれとつなはおしならへてくん
たりけるかつなは下にそなりにけりすてにあやう?たるへきと
ころに保昌さつとよりてゑんわうか首をうちおとしたまひ
けり又すへたけはきりわうと云くせものとたゝかいけり
太刀をくきなかにとりなかし火をちらしてこゝをせんとゝきり
あひけるにきりわう大ちからなりけれはいかゝはしたりけんすへ
たけをとりふせて首をかゝんとしける折ふし頼光御らん
してするくとはしりよりきりわうかくひを水もたまらす
うちおとし給ふと二人のくせ物とも頼光にめをかけて
こそかゝりけり六人の人々まん中にとりこめてせめたゝか
ひけれはつゐにこゝにてうたれにけり其外鬼ともはいまた
ふしてゐたるもありみなくはいありてなれはこゝかし
こにてさしころしけり是しかし神の御めくみかたし
けなきことゝもなりこゝにまたそうもんをかためてあり
つる鬼とも酒をものますこのことはをはるかの後に聞
つけて二十四人のおにともいかつちのなるかことくにてこみ
入けりいまはこれかきりのたゝかひなりけれはまた四人のと

もからをまつさきに立ておめいてかけ入ゆんでめてくもで
十文しにきりめくりけれは爰かしこにてことくくうたれ
にけり今はたてあふものもなかりけれは童子かすみける
おくのしろきを見給ふに三十よ人の女房をこめおき
たり此人々いくさのこへ天地をひゝかしけれはいまや
かきりときもをけし心をくたき給ふところに鬼ともこ

とくくうたれぬときゝてかの人々を見つけ給ひける
心のうちこれや此ちこくのさいにんのちさうほさつをみて
よろこひたてまつるこれにはいかてまさるへきめんくに
手を合てみなくうれしくなきにそなき給ふ後女房を先
達として二ちう三重にかまへをきたるところくを見た
た(ママ)まふにとうしありしとききんくをちりはめ七珍万宝
をあきみちたるらしとみえしかみな一時にきえうせぬ
春夏秋冬の
面白かりし所も
かんくつのそひへ
たる
はかりなん

この外けんそくとものすみかなをもあるよしを女房たちのた
まひけれはしるへしてさかし給ふに金熊童子とて一人当
千の鬼あり大ちからのてきゝあしはやのくせものなりとく
酒をせめられてつよくゑいけれはおにのいはやにふして
しにんのことくにて有けるかはるかの後におとろきてきゝ
つけくちおしき事かなとおもひつることよとて二人の者
ともつるきをぬききつさきをならへてはしりいつる今は
人もなしとおもひける所にはしりむかひけれはめんくに
わりなくたゝかひしやうくかきりなしされともいつもさは
かぬ人々なれはおもてもふらすたゝかふあいたすいふんのくせ
ものなりといへともまさるかたきあいぬれはいわやのゆへそ
ひきこもりける頼光仰せられけるはこのかんくつをやふり
かたしめんくひきしりぞき給へさためてかつにのりて出へ
しそのときうしろをきりてうつとるへしと下知し給ひ
けれはもつともとてめんくわれさきへとそひき給ふ二人の
とうしあるやとよろこひて大手をひろけておひてかゝるはる
くとをひついたしてつないげ二人のものともめをきつと
見合一人に二人つゝよりてくみたるを頼光保昌あます
ましとて一人つゝより給ひたりけれは石熊とうし金熊童
子をいけとりにこそしたりける

有いはやの内をみれは人のほねともふるきあたらしき
しがいうちつみたり又は人をすしにしたるものありこゝに
いまたあたらしき女房の手あしもなきしかいありこれは
いかなるものにてか有らんとの給へは女房達なくく申けるは
これこそほり江のひめ君にて候へ此ニ三日身をしほり
ちをいたしいきのかよふはかりにて侍しをきのふの御
さかなにいたしてこそ候へそれはこのひとのもゝにて候へと申け
れはあなむさんや人こそおほけれこのはんにあたりてう
せんかことに此たひのかれなは都へかへりて父母をも見
たまはんにとそ人々給ひけるかれらは神通かうりき
のものなれは七すちのつなにてしはりけりこの童子
にかきらすいつれもく皆神通自在の者なれはあるひ
は飛行のとくをへあるひは水に入火にいる事もたや
すき物ともそかししかれともかやうにやすくとほろ
ふる事たゝ神通に寄たる叓なれは童子かほろひて
後はくうてんらうかく四季のくわいしよもみなうせて
もとのいわやとなりぬましてけんそくともかつうりき
ことくくうせてけれは鳥のことくとひてもさらす皆々
うたれにけりさらすはいかなるはかりことにてもたやすく
うつことあるへからすまことに神明のちからほと有かたき
事はなしさるほとにとうしかくひとむねとの者ともか首
せうくとりてこれをかつきになわせて山中をそ出ら
れける三十四人の女ほうたちはわれもくとよろこひて
かなわぬ山をたとりくと出給ひけるなかにもほり江
の姫君のことあはれにおほへて父母のかたみにもと候へ
かいなきしかいのびんのかみをきりてもたせせんちやう
かたけをいてられける

去程に頼光保昌鬼をしたかへ首をもたせ上洛した
まふときこしかはその親類の人は申におよはすきゝ
およふ大名小名われもくとむかいにまいりぬそのせい
一万よきとそ聞へし君をはしめ奉りて上下なんによ
きんこく他國のたうそくのこらすいてゝ見物すいまに
はしめぬ事なれともこのたび天下の大事万民の歎き
をやすめ給ひぬる叓猶萬代のすへまても名をあけ
給ふことよの誉これにしかんやとそ申あひけるとうしか首
車にのせうしにひかせ其残りをはになはせて三条
川原より四条かはらまては見物人のこしくるまだうぞく
男女おほくなみいたりかゝるためし上代にも末代にも
有へきともおほへす

さるほとに此あいたとられし人のおやこ兄弟あるひは
あねいもうとのかへりのほるとはしらすしてあるひはこし
くるまをむかいにすゝむ心中もしなしといはゝなかく
はしめてなけきとならんとかねて心をくたくに行あひ
てはまさしくしゝたる人のいきかへりたるにたかわす
夢うつゝともわきかねてうれしきにもなみたとて
たゝなくよりほかの事はなし又その人は見えすと聞
てむなしくかへるにおやくのなけきいま一しほにそ
おほへけるされはわか身にあたらぬ人まても今日の
見物にいつるほとの上下万民をしなへてなみたをな
かさぬものはなかりけり扨も頼光保昌はかの山中
にての姿をあらためすして京入すへしとのせんし
を下されけれは山伏のすかたにてそ入洛せられける
きたいの見物也中にも中務ときこへしむすめを
とられて三年になりぬかこれもさためてかへりのほら
んとてむかいのこしをいそきつかわしけるにめんくむ
かいの人々行あひてよろこひをなしやかてのりものを
さしよせくのするもありほり江の中務のむかいの
ものともかの人々にとひけれはちかきころまて命なから

ゑておはせしをさかなにとてむなしくなし奉り候ぬあ
まりにいたはしく存してびんのかみをこれまてもちた
りとてある女房とりいたし渡しけれはむかひの人
くこゑをたてゝそかなしみけるちゝはゝに此よし
申けれは日此のおもひは物のかすならすいのちなからへ
てもよしなしと天にあふき地にふしてなきたまふ
こそことはりなる今はなけくにかいなけれはとてそう
なとくやうしそのいとなみ心のおよふところおこたらす
とそみえしさても頼光はせんしをかうふり給ひしに
氏神八幡にまいりてきせい申給ふゆへにかうみやう
をし給ひけるとなりまた清明かうらないし事も
一もたかはす有かたき事ともなり有人の夢にみける
は一条院と申はみろくほさつのけしんにておはし
ます頼光と申はびしや門天わうのけしんにておはし
ますされは御心に佛法をひろめんために此國に
けしやうし給ふ頼光は又しゆこ神となりておんてき
をかうふくし給ふ也これしかしなから大慈大悲の御
ちかいなりさてかの酒呑童と申は大ろく天の
まわうなり明王のいとくをやふり佛法のために
てきをなししゆしやうをことくくけんそくにせんと
くわたつといへともかのくわんおんさつたの清明と
あらわれてことのよしをうらなひ給ひけるとそみへける
これのみならすひたのたくみなとゝ申も此御代の
時なりいつれもほさつの化身として百王ののち
子孫下生の後まても佛法王法にさかん成へし
我朝の
行すへたの
もしくおほゑ侍る