羅生門 上巻

詞書釈文

そもくにんわう五十六代のみかとせ
いわ天わうの御まこたヽのまんちう
と申はちから世に聞えきりやうたく
ましくしてふようの聞え有けれは
これ日本ふしのすい一なりとては
しめてけんしのしやうを給はり
くにくのぢらんをしつめ給ふかそ
の御子津のかみよりみつあとをつ
きはんしやうしたまふ時にあたつ
て都にふしきなる事共あり大臣
公卿の御むすめ土民百姓のむすめを
きらはす見めかたちのいつくしきは
いつくともなくうせけるとてうれへに
しつむものおほかりけりはしめひ
とりふたりのほとはわりなく人に
そゝなはされけるにやあるひはおや
のいさめもうとましくかくれうせぬ
とおもひしかこゝにもみえすかしこにも
うせぬといふほとにこそあれすてに
らくちうに百よ人にをよへりこれたゝ
事にあらすとてかみ一人より下はん
みんにいたるまてわか身ひとりのなけ
きとなれりいかさまこれは人のしわさ
にあらすとておんやうのはかせをめ
してうらなはせ給ふ處にうらかた
のおもてかんもんのもつていわくみや
このにしたんはのくによりわさはひ
をなすつゐには世をかたふけわうゐ
ををかさんとするよしかんかへけれは
いかゝしてかれらをほろほさんとく
きやうせんきありけるにとかくせつ
津のかみみなもとのらいくわうをめし
てかれにおほせてたいちあれかしと
そうもん申されけれは
みかとけに
もとおほしめし
すなはち
いそき
頼光をめして
せんしを
なし
下さる

頼光ちよくめいにしたかひやす
くと御うけ申しゆくしよへかへ
りさふらひたちをちかつけ我ふし
きのちよくめいをかうむりたんは
のくに大江山のきしんをうつてに
むかふなりわれとおもはん人々は供
してたへとのたまへはつはものお
ほしと申せともつなきんときさた
みつすゑたけとて四天わうと
聞えし人に藤原のほうしやうを
一人くわへ以上六人の人々山ふしの
すかたに御身をかへ大え山にしの
ひいりさしもつうりきひきやうの
鬼ともの七十五きかくひをとり
こゝかしこにてとられし女はうと
もをみなくめしつれてかへらせた
まふかまことにこれわうめいおもく
してせんしにおそれきしんほろ
ひけるといひなから人々のてからのほ
と人けんのわさとはみえさりけり
さてこそ天下しつまりてはんみん
よろこひけるとなりこれしかしな
から頼光のふゆうすくれたるによ
りてなりとてすなはちくわんゐを
こえあまたしよりやうを給はりいよ
く名たかくきこえける扨また
ある夜のつれくに頼光は五人
の人々をよひあつめうたひさかも
りしたまひてたかひにえいくわ
したまひける折ふしこゝかしこの
物かたりしたまひてほうしやう申
さりけるはさても大江山のきしんを
たいらけ世もしつまりぬされとも
うちもらしつるそのけんそくのおに
とうしのらしやうもんにすみてさる
の刻より九てうあたりは人のかよ
ひもたやすからすとうけたまはる
めんくはしろしめさすやとかた
りけり人々これをきゝたまひ
いかさまさやうの
ことのあるへし
ゆゝしき
てんかの
わさはひなりと
をとろき
給ひ
ける

つな此よしをきゝこれはほうしや
うの物かたりともおほえすくにを
へたてゝ山をこへいつくのしまに
きしんすむなとゝいはゝまことゝも
おもふへしすてにとうしのらしや
うもんはわうしやうの南門なれはい
かにとしてきしんのすむへきそや
たとへすめはとて我くかくて
あるうへはすませてをくへきか惣
してほうしやうはその身のによはう
なるにまかせて京わらんへのくち
すさみをまことゝおもひ御まへに
ての物かたりははゝかりおほくおほ
へたりそのうへこのつはものとも
大江山のきしんをうちもらしぬる
なとゝいはゝかつうはちしよくのいたり
なりよそにての聞えもむねん
なるへしとさんくにあつこう申さ
れけれはほうしやうよしなき事を
かたり出しめんほくなけにて色を
そんしいかにそれかしもたしかに
しりたると申さはこそ人のかたれ
は聞つたへさしきのけうに申つ
れしよせん御身とこゝにてあら
そひ申ともまこといつはりはしり
かたしさほとにふしきにあるならは
こよひにてもかのらしやうもんへ
ゆきあるかなきかを見たまへ見
たるこそせうこなれそれかしあし
き物かたりして御まへのけうをさ
まし申事御めんあれとてから
くとわらはれけるつなこのよしを
きくよりあらことくしのほうしやう
のいひやうかなさてはそれかしから
しやうもんへえまいるましとおもひた
まへるかやたとひつくしのはて
なりともきしんあるとたにいふな
らは一人はせむかつてたいぢせん
に何のおそれかあるへきそやまし
てこれほとの事にこゝろをはみら
れしとさしきをたゝむと見え
けれは頼光きこしめししはらく
しつまり候へまことにきしんすむ
ならはつゐにはかくれあるましき
とおほせけりそのときめんく
とうしんしてこゝろしつかにたい
ちせんあはてゝみゆるつはものと
とゝめたまへともつなもとより心はや
きおのこにていやくほうしやうに
たいしいこんはなけれともひとつ
は君の御ため又はてんかのあさけ
りなりとてひそかに一人しのひ
ゆきまこといつはりを見てかへらん
と申されけるもしきしんすんて
それかしにわたりあひて手にあま
るほとならはかさねてせんしをた
いして御むかひあるへきなり
おなしくはしるしの札を給はり
てまいりたるせうこにらしやう門
にたてをくへきとおもひきつ
たるありさまなりらいくわうちか
らおよはせたまはすそのきなら
はしるしのふたをゑさすへし
あいかまへてふかくしたまふなよそ
なからもんのありさまを見てかへ
れとそのたまひけるつなはしるし
の札をたまはりさしきをたち
て人くにおにのすむならはや
かてくひとりてさかなにまいら
せんもしうちもらしなは二た
ひかたくに
おもてをむくへき
事あらしと
いひすてゝ
いそき
しゆくしよに
かへり
けり

ひとまところにさつといり十文字
うつたるからうとのふたをあけひお
としのよろひにおなしけの五ま
いかふとのをゝしめ頼光よりあつけ
下されたるひさまるといふたちを
もちたゝ一人ひさうせしれんせん
あしけの馬にきんふくりんのくら
をゝきゆらりとうちのり一むちあ
てゝみれはこのころかひにかふたる馬
なれはむちにおとろきひろき大に
はにをとりいてしりこみしてそ
はねまはりけるらうとうともめを
さましこれは夜うちのいりたるらん
とてたちなきなたのさやはつし
なに事やらんとひしめきけり
つなこゝゑになりいひけるはあは
てたるものともかなたちもかた
なもさやにおさめよ我たゝいま
御まへにてふしきのさうろんし
てとうじの羅しやうもんへゆき
おにのすかたをみるへきなり人
あまたにてかなふましみなく
これにまちはんへれとてこま
のたつなをかいくつておもて
をさして出にけりらうとう共
これをきゝさてもゆゝしき
御大事かなたとへははんくわい
ちやうりやうほとのつはもの千き
万きこもるとも人ならはおそれ
たまはしきしんはつうりきし
さいのものなれはいかにもわかみ
をへんしてうたるましこのた
ひの御せんとなれは御とも申へき
といひけれはつな此よしきゝ給ひ
よしなき人々のいひ事かな御ま
へのこうろんにをよひ身のたと
ひみちんにくたかるゝともいたむへ
きにあらす人あまたくしてゆく
ならはのちのあさけりもむねん
なるへしそのうへ今度大江山の
きしんをみるにちゑあそうして
たはかりやすしせんきまんき
ありとてもたちのかねのうたれ
むほとはきりとるへしわかいきほ
ひをしるならはいかなるきしん
なりともいつへきとはおほえす
ときうつりてはあしかりなんと
いひすてゝとねりもつれすたゝ
一人しゆくしよをいてゝ二てうお
ほみやをみなみかしらにあゆま
せゆくすてに九てうあたりま
てしつくとゆきけるかにはかに
雨ふりくろくもおほひいまゝて
さやかなる月もかきくもりしんやの
ことしゆくへきさきもしらすかへる
へきみちもわすれて
せんこも更に
みえさり
けり

されともてんかふさうのかうのもの
なりけれはいかてかみさるへといかつ
ちのひゝきをしるへにていなひかり
をたいまつとしてこゝろしつかに
そうちよせけるさるほとに頼光
はのこる人くとしゆえんして
まち給ふかいかさまこの雨のふり
やう又いかつちのひび(←ゝに濁点)きわたるは
つなからしやうもんへゆきてきしん
になやまされぬるとおほえたり
此ありさまをしりなからこゝに
てまたんもこゝろもなしいさや
わたなへにちからをそへてとらせん
とてさしきをたち給へはもつとも
しかるへき御ちやうとてめんく
しゆくしよへかへりおもひくの
よろひきてよりみつとのをさき
にたてこまにむちをうちそへて
手にく大たいまつともしてみちく
ときのこゑをつくりこれも大み
やをくたり八てうのほうもんまて
ゆき給ふ處ににはかになまくさ
き風ふきて雨しやちくのことくふり
けれはたいまつ一度にきえてぜん
こさらに見えさりけりさしも大
かうの人々も雨かせにもまれて
ことはをかはす事も聞えすして
わたなへを見つくへき事はわすれ
はてゝたゝわれ一人かしんたいこゝ
にありと五人の人々はこまのかしら
をならへていかゝせんとそさゝやき
けるまことにこれは大江山にて
うちもらしたるきしんかわさなる
へしものゝこゝろをさとりてその
身はこくうにかくれゐて雨風のま
きれにひとりくとらんとおもふ
しよいなるへしめんくゆたんし
たまふなよいまははやゆくへきかた
おほえす家にて夜のあけんを
まつへきなり
むさんや
つなは
鬼にとら
れん事こそ
むねんなれ
とて
むなしく
時をうつし
給ふ

かくてつなはかやうに人々のうしろ
つめしておはしますとは夢にも
しらすこまにむちうちこゑをそへ
てかけまはりけれともさしもの
名馬と申なから身ふるひしいなゝ
きて一むちうてはやうやう二とき
あまりにみち三町かほとはせつき
てはるかに見あけてこまをひ
かへこゝろをしつめてくわんねんし
けるかなむや八まん大ほさつ百
わうちんしゆのしんとしてかたしけ
なくもおとこ山にあとをたれた
まひしかるにまのあたりにてき
しんすんて人をなやますをしやう
らんあらすやわれにちからをそへて
きしんのすかたを見せしめ給へ
とたなこゝろをあはせてきせいし
めをひらきみてあれはらしやうもん
のうちにくろ雲たなひきくも
のうちよりひかりたちてせんまん
のいかつちなりひゝきていまはい
きやうのものまなこにさへきりて
見えにけりいかにきしんまさ
にきけわうしやうまちかきこの
所にすんてゆきゝの人をなやま
すともわか手なみをきゝおよふへき
はやくすかたをあらはしわれと
せうふをけつせよとてたんしやう
にとひあかりいきほひはらつて
まちかけたりきしんこのよしみる
よりもすこしおそれてちかつか
すやゝありてからくとうちわら
ひ雲のうちよりいひけるはなん
ちはよりみつかうちに聞えたる
わたなへのけん五つなというかう
のものかや先年たんはの大江
山にてうちもらされそのうらみを
さんせんかそのためにいま此所に
すみしなりなんち一人をとゝめん
事ものゝかすともおほえぬなり
なんちかしうの頼光をとりした
かへおにとものけうやうにほうせん
とつねくうかゝひまつ處には
やくかへりてらいくわうにかたりつゝ
つれて來れと
よははつて
雲のうちへそ
かくれ
ける

つな此よしきゝて一人たにもとゝ
めえぬ身にてなにほとの事の有
へきそ我なんちかすかたみんため
に人々とさうろんしてこの所に
來りたりのちのせうこにはなんちた
ちてくれよいとま申てかへるとて
らしやうもんにうちより石たんに
しるしの札をたてをきまたこそ
けんさんにいるへしとて馬のはな
をひきむけてむちにあふみをあ
はせはやかへらんとしたりけるう
しろよりらしやうもんくつれかゝる
とおもひけれはそのたけ二ちやう
はかりなるきしんなかき手を
さしのへてひたりの手にてつ
なかかふとのてへんをつかみみき
の手にて馬のおをくるくとま
とひてなんちいつくへかへるそしは
らくといふまゝにとつてなけん
としけれとももとよりつなは大ち
からのかうのものなれはすこしもさ
はかすこゝろへたりとてひさまる
をするりとぬきふりあけきしん
をきらんとしけれとも大はんしや
くにおさるゝことくにてはたらく
へきやうもなかりけりむさんや
つなはこゝろはたけしと申せとも
みかたのつはものもなかりけれは
すてにきしんにひつたてられ馬
もろともにとりひしかれいまは
さいことおもひけるかつなしあん
してかふとのしのひのをゝきつて
はなちもちたる太刀にて馬の
をゝきつてすてけれはきしん
おのれかちからにひかれて大ほく
をたをすことくにあをのけに
とうとたふれけりおきあからんと
しける所をつなとんてかゝりおさ
へてくひをかゝむとしけれはものゝ
かすともせすしてつなかかうへを
つかんてらしやうもんのなかはま
てあかりけるをさけられなから
はらひきりにそきつたりける
きしんかみきの手をひちのかゝり
よりふつつときりおとしけれはら
しやうもんの二かいよりつなはまつ
さかさまにそおちにける石たん
にてかうへをつきそんしめくれ
こゝろもきえけれともしはしいき
をつきけれは人こゝちつき四はう
を見まはしけれは夜はほのく
とあけにけりつなはむまにはな
れてかちたちにて
ほうせん
としてこそ
ゐたり
ける

頼光をはしめ五人の人々はせき
たり給ひいかにくとのたまへは
つなはいよくちからをえて人く
とうちつれてたかひに物かたりし
てきつたる鬼の手をもちてよ
ろこひいさみてかへるところに
またにはかにくもりしんやのや
みになりにけり人くきもをひ
やしけれはらいてんおちかゝりき
りたる鬼の手をうはひとって
そあかりけるむねんたくひはなか
りけりされともつなの手からのほ
とはあらはれほうしやうのいひし
こといつはりにてあらさると
しょ人のふしんも
はれに
けり