Skip to content
回答
閲覧数 : 1738

就職活動や企業研究に役立つデータベースを紹介します。

  • 東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー
    「就職四季報」「会社四季報」「業界地図」などの企業・業界のことがわかる情報誌、「週刊東洋経済」などの経済・ビジネス情報誌の記事を検索できるサービスです。

  • i JAMP
    官庁速報、会見速報、注目政策など、中央から地方まで、行政情報の収集のために全国の公務員・議員が利用する、時事通信社が提供するサービスです。

  • 日経テレコン
    日本最大級のビジネスデータベースサービスです。日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJなどの日経各紙に加えて、調査・統計・マーケティングデータ、国内外の企業データベース、人物プロフィールなど、幅広いビジネス情報を収録しています。

  • 日経BP記事検索サービス
    日経BP社が発行する雑誌のバックナンバー記事を、オンラインで検索・閲覧できるサービスです。業界・企業の研究ツールや、パソコンのスキルを身に付ける教科書として、さまざまな用途に活用できます。

  • 聞蔵II ビジュアル for Libraries
    朝日新聞、週刊朝日、AERAのほか、人物データや現代用語事典「知恵蔵」なども収録されている、朝日新聞社のデータベースです。

  • ヨミダス歴史館
    読売新聞の記事、人物データなどを検索できるデータベースです。

  • Maruzen eBook Library
    学術機関向けに提供されている、和書の電子書籍です。就活関連書籍も多数収録しています。

就活に役立つデータベースの使い方については、「就活生のためのデータベース活用ガイド」でも紹介しています。ぜひご参照ください。