光明真言初心要抄

こうみょうしんごんしょしんようしょう

江戸時代初期の僧・頼慶(1562-1610)の著。頼慶は徳川家康の信頼を得て、慶長7(1602)年11月江戸城で行われた浄土宗と日蓮宗の宗論の判者をつとめた人物である。
本資料は古活字版で、高野山で刊行されたいわゆる高野版である。巻末には「慶長九年丙辰十月廿一日依初入者之嘱注 東寺末葉桑門頼慶」とあるが、干支の「丙辰」は誤りで「甲辰」が正しい。
巻頭には「寶玲文庫」、「春龢堂」、「和賀」の印があり、また巻末には「鉤地山周英」の墨書がある。「寶玲文庫」の印主は蔵書家で知られるフランク・ホーレー、「春龢堂」は京都の古書店・春和堂の印である。

参考文献 「頼慶」(『国史大辞典』)