京雀

きょうすずめ

江戸時代の京都地誌で、仮名草子作者として名高い江戸時代前期の僧侶浅井了意の作。京都地誌の嚆矢といわれる明暦4年(1658)刊『京童(きょうわらんべ)』につづくもので、『京童』が社寺の縁起・来歴や読み物としての内容に力を入れているのに対し、『京雀』はその影響を受けながらも各巻に付けられた名「大内の巻」「北より南へ縦町」「東より西の野はづれまで横町」「堀川より西の北南の縦町」「寺町の東川原町縦横」によっても実用性が重視されていることがわかる。『京童』にも『京雀』にもそれぞれ寛文7年(1667)『京童跡追』、延宝6年(1687)『京雀跡追』が続編として刊行されている。『京雀』には山田市郎兵衛板と田中文内板の二種が知られる。
本書は田中文内梓行の刊本で、元題簽も剥落せず残っている。

『佛教大学附属図書館所蔵 貴重古典籍目録』より