大坂冬御陣図

おおさかふゆのごじんず

慶長19(1614)年の大坂冬の陣の配陣を描いた絵図。太田正順氏により書写・収集された絵図コレクションのうちの一つで、「太田家庫」の印がある。
大坂の陣(大坂冬の陣、夏の陣)は、徳川氏が豊臣氏を二度にわたって攻め滅ぼした戦い。慶長5年の関ヶ原の戦いに勝利し、天下人としての地位を得た徳川家康は、いわゆる方広寺鐘銘事件をきっかけに大坂の豊臣氏と対立を深め、慶長19年10月、各国諸大名に出陣を命じた。豊臣方は10万、徳川方は20万の軍勢であったといわれるが、大坂城の守りは堅く、12月にはいったん和睦した(大坂冬の陣)。
本絵図には大坂城を中心に、両軍の軍勢が記されている。また主戦場等の地名は黄色の楕円で、主要な道路は朱線で示されている。