佛教大学図書館デジタルコレクション

濃州関ケ原御合戰之圖 : 慶長五庚子年九月

ノウシュウ セキガハラ ゴカッセン ノ ズ : ケイチョウ ゴ カノエ ネ ノ トシ クガツ Noshu sekigahara gokassen no zu : Keicho go kanoe ne no toshi kugatsu
タイトル Title

濃州関ケ原御合戰之圖 : 慶長五庚子年九月 ノウシュウ セキガハラ ゴカッセン ノ ズ : ケイチョウ ゴ カノエ ネ ノ トシ クガツ Noshu sekigahara gokassen no zu : Keicho go kanoe ne no toshi kugatsu

別書名 Alternative Title

太田正順書写并蒐集地図

「 濃州関ケ原御合戰之圖 : 慶長五庚子年九月」に含まれるアイテム一覧(全 1 件) Item list

開く 閉じる

解題 Bibliography

太田正順氏により書写・収集された絵図コレクションのうちの一つで、「太田家庫」の印と、「明治三十五壬寅年三月写 太田正順」の墨書がある。
本資料に描かれている「関ヶ原御合戦」とは慶長5(1600)年の関ヶ原の戦のことで、徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍が美濃(濃州)の関ヶ原で行った合戦である。東軍と西軍は特に色分けはされていない。地名は赤い長方形または黄色の小判型の枠内に示されている。
本資料の収録範囲は、北は「岩手古城山」(現岐阜県垂井町岩手)、南は澤田(岐阜県大垣市上石津町)、東は大垣(岐阜県大垣市)、西は今須(岐阜県関ヶ原町)である。北西には「浅井長政ノ古城山」つまり隣国近江の小谷城(滋賀県長浜市湖北町)が見える。
本資料は明治35(1902)年の写であるが、徳川家康の陣を「御本陣」としていることから、原本は江戸時代に作成されたものと考えられる。

続きを読む 閉じる

大きさ Extent

地図1鋪 ; 53×69cm (折りたたみ26cm)

続きを読む 閉じる

主題:「 絵図・地図 」のその他のタイトル Relational Titles

「関ヶ原」についてさらに調べる(ジャパンナレッジ) Relational Search

開く 閉じる