佛教大学図書館デジタルコレクション

企画展示

企画展示

Exhibition

佛教大学図書館では、様々な古書や古文書などの貴重書を所蔵しており、その中から毎月テーマを決めて館内で展示しています。普段なかなか目に触れることのない資料を、直接ご覧いただける貴重な機会です。ぜひお越しください。(学外の方は入館手続きが必要です)
※ 一般の方は現在入館いただけません。詳しくはこちらをご覧ください。

 展示場所: 紫野図書館1階 中央展示ケース

  • 2022年8月 「ありし日の京」【前期】

  • 2022年7月 祇園祭【後期】

  • 2022年6月 祇園祭【前期】

  • 2022年5月 名所めぐり : あの花 この花【後期】

  • 2022年4月 名所めぐり : あの花 この花【前期】

  • 2022年2月 和書あれこれ ー写本・版本・古活字本ー

  • 2022年1月 雪景色・冬ごもり【後期】

2022年8月 「ありし日の京」【前期】

 8-9月の企画展では、『ありし日の京』と題し、かつてここ京都では当たり前だった光景を特集します。
 前期は『消えた送り火「い」』をテーマに、明治期後半までは灯されていたという「い」の姿を、古地図を通してご紹介します。なかなか文献に登場しないその送り火が点火されていたのは、いったいどの辺りだったのでしょうか。今回展示する江戸時代から明治時代にかけて作成された地図には、それぞれはっきりと描かれた「い」を見ることが出来ます。地図を見比べることで、京都という都市が移り変わる様子もあわせてお楽しみください。


※ 展示ポスター(PDF)

展示期間
2022年8月2日(火)~9月28日(水) *期間中、展示替えあり 【前期】8/2-8/29, 【後期】9/1-9/28
展示資料
『京繪圖道法附』

京 [京都] : 竹原好兵衛 , 安永3 [1774]
刊記: 「安永三年改正 京三条通麩屋町西北角 竹原好兵衛板」
木版色刷, 畳みもの
(Source Identifier:書誌ID: 991003902159706201)

『細見京繪圖 : 天明改正』

君修作
[出版地不明] : [出版者不明] , [17–]
天明3年版の後印か
木版色刷, 畳みもの
(Source Identifier:書誌ID: 991004516329706201)

『明治京都指掌之圖』

長谷川城平著
京都 : 藤原卯兵衞 , 1877.5
木版多色刷
(Source Identifire:書誌ID: 991003902589706201)

2022年7月 祇園祭【後期】

 いよいよ京都の夏に祇園祭が戻ってきます。この一、二年、規模を縮小して開催されてはいましたが、豪華絢爛な懸装品をまとった山や鉾が町中を巡行するのは三年ぶりになります。しかも、今年は長らく「休み山」であった鷹山が約200年ぶりに巡行に復帰します。
 今回の企画展はその祇園祭を特集します。7月からの後期展示では江戸時代の後祭と鷹山の姿を、そして現在は行われなくなった「ねりもの」についてご紹介します。本学所蔵の貴重資料を通じ、かつての祭りの様子をお楽しみください。


※ 展示ポスター(PDF)

展示期間
2022年7月1日(金)~7月31日(日) *会期中展示替えあり 【前期】6/1-6/29, 【後期】7/1-7/31
展示資料
『都林泉名勝圖會 5巻』<2>

秋里湘夕[著] ; 佐久間草偃, 西村中和, 奥文鳴源貞章畫
京都 : 須原屋平左衛門 : 俵屋清兵衛
浪蕐 : 河内屋太助 , 天明6 [1786]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991004854809706201)

『六月十四日祇園會(きおんゑ)』

[京都] : [丸屋善兵衛] , [江戸時代]
木版一部彩色
(Source Identifier:書誌ID: 991003005679706201)

『花洛細見圖 15巻』<6>

洛陽 [京都] : 金屋平右衛門 , 元禄17 [1704] 序
(Source Identifire:書誌ID: 991003340899706201)

『祇園會細記』<上之1>

[出版地不明] : [出版者不明] , [江戸中後期]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991005078149706201)

『祇園神輿洗ねり物繪容 : 天保十一子のとし』 *2021年度新収蔵資料

長秀画
[京都] : 丸屋善兵衛 : 大和屋宗七 , [天保11 (1840)]
木版多色刷り
(Source Identifier:書誌ID: 991006805804706201)

2022年6月 祇園祭【前期】

 いよいよ京都の夏に祇園祭が戻ってきます。この一、二年、規模を縮小して開催されてはいましたが、豪華絢爛な懸装品をまとった山や鉾が町中を巡行するのは三年ぶりになります。しかも、今年は長らく「休み山」であった鷹山が約200年ぶりに巡行に復帰します。
 今回の企画展では、今と変わらず華麗で荘厳な山鉾のかつての姿や、それを楽しむ人々の様子、その他巡行以外の祇園祭にまつわる資料を、前後期にわたってご紹介します。記念すべき年、実際の祭りとともに本学所蔵資料に描かれた祭りをご堪能ください。


※ 展示ポスター(PDF)

展示期間
2022年6月1日(水)~6月29日(水) *会期中展示替えあり 【前期】6/1-6/29, 【後期】7/1-7/31
展示資料
『十二月あそひ』<上>

[製作地不明] : [製作者不明] , [寛文頃]
写本
(Source Identifier:書誌ID: 991002964819706201)

『都名所圖會 6巻』<巻之2>

秋里湘夕選 ; 竹原信繁畫
京都 : 須原屋平左衛門 : 俵屋清兵衛
浪蕐 : 河内屋太助 , 天明6 [1786]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991005481289706201)

『花洛細見圖 15巻』<6>

洛陽 [京都] : 金屋平右衛門 , 元禄17 [1704] 序
(Source Identifire:書誌ID: 991003340899706201)

『祇園會細記』<上之1>

[出版地不明] : [出版者不明] , [江戸中後期]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991005078149706201)

祇園會宵餝

『都名所百景』
平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

2022年5月 名所めぐり : あの花 この花【後期】

 春になると、京都の観光地、とりわけ花の名所として知られる場所にはどっと人が押し寄せ、賑やかになります。写真を撮ったり、眺めながら飲んだり食べたりと、おのおのが自由に花を楽しむ姿が見られます。それは現代に限らず、長いあいだ繰り返されてきた光景です。本学所蔵の『都名所百景』にも、江戸時代の人びとが花々をめでる様子が生き生きと描かれています。
 今年度最初の企画展では、4月は桜を、5月は藤を中心に、京都の花の名所を関連する和歌とともに取り上げます。歌にも詠まれたその場所を、どうぞ旅する気分でお楽しみください。


※ 展示ポスター(PDF)

展示期間
2022年4月1日(金)~5月29日(日) *会期中 前期 4/1-4/28 後期 5/1-5/31
展示資料
『萬葉集 20巻 (存14巻)』<8>

洛陽 [京都] : 安田十兵衛 , 寛永20 [1643]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991004479779706201)

『新古今和歌集 20巻』<上之1>

[源通具] , [藤原有家] , [藤原定家] , [藤原家隆] , [飛鳥井雅経撰]
中御門通 [京都] : 吉田四郎右衞門尉 , 正保4 (1647)
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991004375819706201)

『花洛細見圖 15巻』<7>

洛陽 [京都] : 金屋平右衛門 , 元禄17 [1704] 序
(Source Identifire:書誌ID: 991003340899706201)

『後撰和謌集 20巻』<上之1>

[大中臣能宣] , [清原元輔] , [源順] , [紀時文] , [坂上望城撰]
[京都] : [吉田四郎右衞門尉] , [正保4(1647)]
刊本
朱筆書入あり
(Source Identifier:書誌ID: 991004376189706201)

『都名所圖會 6巻』<巻之2>

秋里湘夕選 ; 竹原信繁畫
京都 : 須原屋平左衛門 : 俵屋清兵衛
浪蕐 : 河内屋太助 , 天明6 [1786]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991005481289706201)

安井金毘羅
『都名所百景』

平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

飛雲閣
『都名所百景』

平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

2022年4月 名所めぐり : あの花 この花【前期】

 春になると、京都の観光地、とりわけ花の名所として知られる場所にはどっと人が押し寄せ、賑やかになります。写真を撮ったり、眺めながら飲んだり食べたりと、おのおのが自由に花を楽しむ姿が見られます。それは現代に限らず、長いあいだ繰り返されてきた光景です。本学所蔵の『都名所百景』にも、江戸時代の人びとが花々をめでる様子が生き生きと描かれています。
 今年度最初の企画展では、4月は桜を、5月は藤を中心に、京都の花の名所を関連する和歌とともに取り上げます。歌にも詠まれたその場所を、どうぞ旅する気分でお楽しみください。


※ 展示ポスター(PDF)

展示期間
2022年4月1日(金)~5月29日(日) *会期中 休館日あり
展示資料
『詞花和歌集 10巻』

[藤原顕輔撰]
[書写地不明] : [今川範政] , 應永34 [1427]
写本
(Source Identifier:書誌ID: 991000303089706201)

『後拾遺和歌集 20巻』<上>

[藤原通俊撰]
[摂津] : [柳江] , 永正16 [1519]
写本
(Source Identifier:書誌ID: 991000898379706201)

『花洛細見圖 15巻』<15>

洛陽 [京都] : 金屋平右衛門 , 元禄17 [1704] 序
(Source Identifire:書誌ID: 991003340899706201)

『新千載和歌集 20巻』<上之1>

[藤原為定撰]
[京都] : [吉田四郎右衞門尉] , [正保4(1647)]
刊本
(Source Identifier:書誌ID: 991004376189706201)

洛西嵐山
『都名所百景』

平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

御室
『都名所百景』

平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

長樂寺
『都名所百景』

平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

2022年2月 和書あれこれ ー写本・版本・古活字本ー

1600年代になると、町には出版も行う民間の本屋・書肆が現れ、人々が書物に触れる機会は格段に増えることになります。それは手書きのもの、活字や版木を使って印刷したものなど、種類は様々です。今回の企画展では、そうした特徴ある出版物をご紹介します。ぜひ、その違いを比較してみてください。


※ 展示ポスター(PDF)

展示期間
2022年2月15日(火)~3月30日(水) *会期中 休館日あり
展示資料
『大こくゑひす』

[書写地不明] : [書写者不明] , [江戸前期]
写本(奈良絵本絵巻)
(Source Identifier:書誌ID: 991004303239706201)

『中将ひめ』

[製作地不明] : [製作者不明] , [江戸中期]
写本(奈良絵本)
(Source Identifier:書誌ID: 991004306759706201)

『黒谷聖人傳繪詞 10巻』<5>

[舜昌編]
四條寺町 [京都] : 中野市右衛門 , 寛永3 [1626]
古活字版
(Source Identifier:書誌ID: 991004306759706201)

『つれつれ草』

吉田兼好 [著] ; 烏丸光廣校訂
[京都] : [出版者不明] , [江戸初期]
古活字版
(Source Identifier:書誌ID: 991000415429706201)

『逆矛 . 第六天 . 住吉詣 . 戀重荷 . 大瓶猩々』

皇都 [京都] : 山本長兵衞 , 天保11 [1840]
改正再板
観世流謡本
(Source Identifire:書誌ID: 991005111369706201)

『京童 (きやうわらべ) 6巻』<2>

中川喜雲 [撰]
[京都] : 平野屋佐兵衛 , 明暦4 [1658]
(Source Identifire:書誌ID: 991004306759706201)

2022年1月 雪景色・冬ごもり【後期】

古典和歌にも雪が降る様子や積もった光景が数多く詠まれたように、古くから人々は雪をさまざまに楽しんできました。雪見の宴が催され、また雪遊びに興じる姿は物語にも登場します。もちろんそれは、宮廷内の楽しみにとどまりません。時を経た江戸時代、浮世絵や名所図会には様々な雪景色が登場し、庶民が雪に遊ぶ姿が描かれています。冬期企画展では、本学の所蔵資料の中からそうした京都の雪景色をご紹介します。


※ 展示ポスター(PDF)

【関連企画】 Season’s greetings!

本学所蔵の貴重書『都名所百景』より雪景色の作品を厳選し、ポストカード図案を作成いたしました。ダウンロードして年賀状や季節のグリーティング、SNSへの利用などご自由にお使いいただけます。

※ただし、画像(文字含む)は改変しないでください。

ポストカード画像
都名所百景 前半 : 銀閣之雪曙
都名所百景 後半 : 黒谷金戒光明寺
都名所百景 前半 : 南禅寺山門深雪
都名所百景 後半 : 霊山

※ 関連企画ポスター(PDF)

展示期間
2021年12月3日(金)~2022年2月10日(木) *展示替えあり 前期 2021.12/3-2022.1/8、後期 2022.1/11-2/10
展示資料
『都林泉名勝圖會 5巻』<2>

秋里湘夕[著] ; 佐久間草偃, 西村中和, 奥文鳴源貞章畫
江都 [江戸] : 須原屋善五郎
浪速 [大坂] : 河内屋喜兵衞 : 河内屋太助 (發行)
皇都 [京都] : 小川多左衞門 (發行) , 寛政11 [1799]
(Source Identifier:書誌ID: 991004854809706201)

『都林泉名勝圖會 5巻』<5>

秋里湘夕[著] ; 佐久間草偃, 西村中和, 奥文鳴源貞章畫
江都 [江戸] : 須原屋善五郎
浪速 [大坂] : 河内屋喜兵衞 : 河内屋太助 (發行)
皇都 [京都] : 小川多左衞門 (發行) , 寛政11 [1799]
(Source Identifier:書誌ID: 991004854809706201)

『再撰花洛名勝圖會 : 東山之部 4巻』<1>

木村明啓, 川喜夛真彦編 ; 梥川安信, 四方義休, 楳川重寛圖畫
江戸 : 須原屋茂兵衛 : [須原屋]伊八 : 山城屋佐兵衛 : 岡田屋嘉七
   : 和泉屋金右衛門 : 和泉屋吉兵衛 : 岡村庄助 : 須原屋新兵衛
尾州名古屋 : 菱屋半兵衛 : 菱屋藤兵衛 : 永樂屋東四郎
京都 : 吉野屋仁兵衛 , 元治1 [1864]
(Source Identifier:書誌ID: 991004854789706201)

『梅の花笠』<初篇>

坂府 [大坂] : 古鹿吉兵衛 : 森文藏 : 三宅善助 : 野口清兵衛 : 石川和助 , [江戸後期]
(Source Identifier:書誌ID: 991004936159706201)

「空也堂」

『都名所百景』
平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

「南禅寺山門深雪」

『都名所百景』
平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)

「縄手大和橋」

『都名所百景』
平野甼 [大坂] : 石和 , [江戸後期]
(Source Identifire:書誌ID: 991002977989706201)