佛教大学図書館デジタルコレクション

いはや : 下

イワヤ : ゲ Iwaya :Ge
  • 0
    ダウンロード
    • PDF 一括 (7.3 MB)

      全ページをPDF形式で一括ダウンロードします

      以下の点にご注意ください。
      ※PDFサイズは 7.3MB です。ダウンロードに時間がかかる場合があります。
      ※ファイルサイズを小さくするため画像サイズを縮小しています。
      ダウンロード
    • ※ 壁紙に設定する方法
    ヘルプ

「 いはや」に含まれるアイテム一覧(全 3 件) Item list

開く 閉じる

翻刻 Transcription

【03】

さるほとに中将とのは此人いかゝあらんと
おほつかなくおほしめして御さま
をやつしいたしきの下に入てあそひ
のやうをきゝ給ふひめきみの御とも
にはさこんのせうなり御くるまよせ
てはるかにのきてかしこまるくるまよせ
のつま戸のまへにはたかとうたいに
火をかゝけて女はう三人手ことに
しそくふとくしてもちたれはきう
かさんふくのなつの日草もゆるかすてる

【04】

ひよりもなおあきらかにくまなしにう
はうさしよりてしたすたれをかきあ
けはやくおりさせ給へと申せともへん
しをもしたまはすいかにもすたれを
おさへてかきあけたまはねはをのく
さゝやき申けるはくうてんらうかく玉の
うてなゆめにもみしさうなくおり
かねたるもことはりなりとそ申けるやゝ
しはらくありていまは人くおもひわ
すれたりとおもふおりふしおりさせ

給ひてたれかいしやくも申さねはみつ
からきぬのつまひきあはせはかまのき
きはひきつくろひ御くしかきなて
小そてのうへにゆりなかしあふき
かさしたまはすおしたゝみてそもたせ
給ふもやのみすのまへをてんしやうはる
かにあゆみ給ふ御すかたはさみたれに
みつまさるむつたのよとのかわやなき
のあやめまこもの上をこすよりなをた
をやかなりひすいのかんさしはきぬの

【05】

すそにあまりて八尺ゆたかにゑんの
うへをそひかれけるやなきの糸をはる
かせのふきみたれたるよりなをほそく
たをやかなりあはれ御すかたをゑに
かきてあまねく人にみせはやな
いかなるゑしもふてにうつしかたく
そおほえけりさて御さのうへになを
りうちそはみてそおはしますさて
見みまはし給へはにしきのしとねあや
のきちやうさこんのゆかたまのすたれ

一の人の御前なれはこゝろにておもひし
にわかちゝのにしのたいをこしらへた
まひしにまさりたりともおほえす
むかしをこふるなみたつゝむにたえ
ぬみたれかみかそふるそてにあま
れるを
さらぬていにもてなし
たまふ御けしき
たとへんかたなく
らうたけなり

【06】

きんするこゑよりもなをおもしろき
御こはねなりそのときれいけいてん
ことをとりいたしちとあそはし給へ
とありけれはひめきみのたまふは
いそにしくるゝまつのかせおきのかもめ
のともよふこゑよりほかはきゝならは
ぬ身にて候へはかやうのことゝやらんは
おもひもよらぬ事との給へは中将殿
いたしきの下にてきこしめしかほと
の事とかねてしりなはなとかひわ

【07】

ことをしへさるへきよしくひわこと
引すとも九ほんれんたいの雲の上まて
もはなれましき物をとおほしめし
てさてきゝ給へはれいけいてんせひ
あそはせとありしかはひめきみ
つめもなく候ものをとのたまへは御手
をりやうかくのもとにそへられけれ
はそむきかたきおほせやとて御ひさ
のうへにかきのせ給ひてことちたて
なをし二七のをかきあわせひき給へは

こゝろことはもおよはれすつゐにかほと
のことの上手はきかすとみなくおほし
めしけるおもしろき事申はかりもなし
さてまたひわをまいらせてこれあそは
せとありけれはおもひもよらす候と
しきりにしたいありしかとも御こと
のやうにあそはし給へとて御ひわを
さしよせ給へはあらそむきかたやとて
御ひわをとりなおしをあはせをして
ならし給ふはちをとまきのいたとを

【08】

ことくしくあられたまちるおとより
もなをけたかくそきこえけるさてひの
御さの上にゐなをりはんしきに
ねをとりりやうせんたくほくの三きよく
二へんまてこそひかれけれ雲のうへ
まてもすみのほり天人もあまくたり
ほさつもこゝによふかふあるかや神も
めてたくゑみ給ふらんときゝしらぬも
のまてもそゝろにそてをそしほりけ
る中将とのゝこゝろの内なにゝたとへん

かたそなきさてあかつきにもなりぬれ
は御むかひのくるままいりぬいとま申て
との給へはいましはらくとひきとゝめ
てそのときれいけいてんは御ことのやく
みやす所は御ひわのやく
そのほかほうけうひちりき
とりくにてひめきみはわこん
をまいらせたまひて
かくをそはしめ
給ひける

【09】

まことにこくらくしやうとにて廿五の
ほさつたちのあそはすかくもかくやと
おもひしられたり夜もほのくとあけ
けれは御いとまこいましくて御くるま
にそめし給ふ人く御なこりをし
さに御くるまよせまていて給ひこれ
まてまいりて候とのたまふさためてを
それ入て候との給はんとおもひしに
さはのたまはて御くるまのしたすたれを
あけてなに事もせんあく二つのならい

【10】

むくひある事にてまいるましきと
申つるをしきりにめしつるむかひに
これまての御いてはとてすてにおり
させたまはんとし給ふ御けしき
ことはのしなにいたるまてゆふに
やさしくおはしますきたのまんところ
のおほせにはふしきなりとよ中ころ
ほり河の大納言のみやはらのひめきみ
こそてかきかくしやうにてうたれんか
のみちなにゝつけてもくらからすひわ

ことわこんなとをは十さいより内にて
そのみなもとをきはめらるゝさらに
ほんふとはおほへすとて人くこゝろ
をかけられしわれも中将のために
こはんとせしかとも四位のせうしやう
にせんをこされてちからをよはて
ありしにそのころ大納言たさいふへ
くたりしにあかしのうらにて日本に
さうおうせすとてりうくうへとられて
さてこそ四位のせうしやうはこれをかな

【11】

しみしよしやの山に有とはきけその姫君
も今世のあまのむすめにはよもあらし
にくしと思ふわれらたにあしき所はみ
いたさすみれ共くあく事なし何といふ
とも中将此人をはよもすてしすてぬ物ゆへ
ににくみてかいもなし右大臣のむすめも
中将のみ手はよめならすあまの子なりとも我
子のみるこそよめなれ此人にすきたる人は
よもあらしいたはしやさこそたよりのなかるらん人
をつかはすへしとてゑもんのかみ兵衛のすけゑもんの

つほねに女房三人はしたもの三人うえはらは三
人十二人のものともを車三両にのせてつかはし
給ひけりをくり文に夕へはけんさんに入参せう
れしくこそ候へ誠にさまく御いとなみに心
もきへかへりしやうかいの思出とこそそんし候へ
はしめてのけんさんなれとも百年もなしみ
たる心地して御かへるさのなこりおしさいか
はかりとも思しめすいまよりのちは日く
にも御入ましくてみつからなくさめて
たひ候へ中将にくし給へはわか身の子共に

【12】

かはる事はなく候また此ものともみくる
しく候へともとしころのめしつかひもの
ともにて候はちさせたまはて御つ
かい候へとてをくられけるこそありかた
けれひめきみ御ふみ御らんしていま
はすこしのたよりもありと御よろこひ
ましくて世にすくれたる御手せ
きにて御返事をそあそはしける
きたのまんところ四人のきんたちともに
御らんしてさてもいつくしき御手かな

すみつきふてのたてともしのなら
ひにいたるまてまことににんけんの
わさとは見えさりけるとそのたまひ
けるそのとき中将とのおほせけるは
いまはなにとてかほとまてつゝませ
たまふへからすありのまゝにかたり給へ
みつからにさのみに物なおもはせたまひ
そとのたまへはひめきみさめくと
うちなき給ひておやなれはあまのかた
そゝろにこひしくてたもとのかはくひま

【13】

もなし御心にかゝらぬはことはりなり
われらかためにはおやなれはわするゝ
事も候はすとなをもつゝませ
給ひけりさるほとにあかしのあまは
しゆつけのこゝろさしふかくてところ
のもく代ゆるさねはちからなくして
女のあまはかりかみそり御けうやうさま
くいたすそうしてしやうある物をは
とらすしてわかめかちめあまのりこふ
のりなとのたくいをとりて世をそわたり

けるおりくは山に入野にまよひ花
をたをりみつをむすひてあけくれ
ひめきみの御ほたいふかくとふらひけり
あるとき中将とのかも八まんへしん
めをまいらせらるなに事の御いのり
そときくにひめきみたゝならすわた
らせ給ふかはや五月にならせ給ふ
そのいのりのためとそきこえける
そのゝち天下のおほせには中将は
あまの子にくしぬれわか子にあらす

【14】

むまれたらん子なんしにてもによし
にてもそれを我子にすへしむま
れたらんときはゝかひさにおかすして
いたきとりこれへわたすへしとありけ
りほとなく月日かさなりて御さんた
いらかにせさせ給ふあたりもかゝやく
ほとのしかもわかきみにてそまし
くける大納言のすけきぬのそてに
つゝみとりまいらせ二条にしのたうゐん
の中納言とのを御めのとにめされ

こひにゑいくわにはほこるへき
世にすめはかゝる事をうけたま
はるとてもとひきりかうやさんへ上り
しをほめぬ人こそなかりけれひめ
きみのはゝみやの御ときの人く
このよしをうけたまはりわれもく
とまいりふんくしよりやうをた
まはりてさかえけりさるほとに
月日かさなりてわかきみ十九にて
大しやうをうけたまへりひめきみは

【15】

女御にまいりたまふたいのやはき
たのまんところと申てめてたく
さかへたまふをとをきはきゝてうら
やみちかきはたのしむいていりのも
すそをつらねひかりをかさしふつき
はんふくたとへんかたもましまさす
かゝるたくひすくなきひめきみはしやう
こもいまもすへの代もありかたし
とそおほへける人ためによき
ものはけんせあんおんこしやうせん

しよと佛もときておきたまへり
御ちきりあさからすして
のちには
もろともに
わうしやうのそくわいを
とけ給ふ
二世のちきり
こそ
めてた
けれ

開く 閉じる

書誌情報 Metadata

タイトルTitle

いはや イワヤ Iwaya

別書名 Alternative Title

岩屋草子 イワヤ ソウシ Iwaya soshi

岩屋の草子 イワヤ ノ ソウシ Iwaya no soshi

巻次Volume Title

Ge

部編番号Alternative Volume

3

出版者Publisher

[書写地不明] : [書写者不明]

出版年Date [江戸前中期]
時代区分Temporal 江戸 Edo
主題Subject 物語・説話 Story & Tale / 絵巻・絵本 Picture scroll & Book
資料種別Materiar Type 和古書 Early Japanese Book / 図書 Book / 静止画資料 StillImage
タイプType Image / Text
フォーマットFormat image/jpeg
言語Language 日本語 jpn
彩色有無Coloration Coloring
刊写別Publication way 写本 Manuscripts
一般注記Description

個別書誌作成(和古書)
写本(奈良絵本)
本標題は書題簽による
内題なし
挿画: 上冊: 3葉, 中冊: 5葉, 下冊: 2葉
綴葉装, 金泥草木絵紺表紙, 切箔散銀箔置見返, 雁皮本紙, 朱題簽

OPAC URLCatalog Record https://bulib.bukkyo-u.ac.jp/opac/opac_details/?amode=11&bibid=1000354713
原資料識別子Source Identifire 書誌ID: 1000354713
NCID: BA71488681
公開状況Access Rights インターネット公開 opened
二次利用Rights Statements
著作権なし-利用制限あり (詳細は「コンテンツの二次利用について」をご覧ください。)

 全体を見る 閉じる

主題:「 物語・説話 」のその他のタイトル Relational Titles

「いわやのそうし」についてさらに調べる(ジャパンナレッジ) Relational Search

開く 閉じる

スマホ壁紙設定イメージ Setting Image of Smartphone Wallpaper

1.画像をダウンロードしてスマートフォンの壁紙に設定しよう

デジタルコレクションの画像をダウンロードして、スマートフォンの壁紙に設定してみませんか?
以下のボタンから設定方法を確認してみましょう。

 コンテンツの二次利用について

2.画面のスクリーンショットをSNSに投稿しよう

お気に入りの壁紙が設定できたら、TwitterやInstagram・FacebookなどのSNSに、画面のスクリーンショットを投稿して自慢しよう。下記のハッシュタグもご利用ください。

 スクリーンショットの撮り方   iPhone   Android

コピーしました

開く 閉じる