検索結果

表示件数: 30

超高齢社会における高齢者介護支援

  • 新井康友, 原田由美子編著
  • 西宮 : 関西学院大学出版会
  • 2015.2

保育のいとなみ : 子ども理解と内容・方法

保育学講座 / 日本保育学会編; 3

  • 日本保育学会編
  • 東京 : 東京大学出版会
  • 2016.4

老後不安社会からの転換 : 介護保険から高齢者ケア保障へ

シリーズ新福祉国家構想; 6

  • 岡﨑祐司, 福祉国家構想研究会編
  • 東京 : 大月書店
  • 2017.11

いま地域医療で何が起きているのか : 「地域医療構想」のねらい

  • 横山壽一 [ほか] 著
  • 東京 : 旬報社
  • 2018.4

横山 壽一先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

公立病院改革に加えて公的病院にも改革の波が及び、加えて医療・介護一体改革の下で地域医療構想による病床の機能分化・再編進められている。こうした医療提供体制を軸にした地域医療の大規模な再編は何を意図したものか、具体化が進むなかでいま地域医療にどのような変化が生じているか、地域医療を守る取り組みがどのように展開されているかを分析し、地域医療を守る取り組みの課題と方向を提起。
紹介文あり

子どもの貧困ハンドブック

  • 松本伊智朗 [ほか] 編著 ; 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク編
  • 京都 : かもがわ出版
  • 2016.11

今日の社会福祉における本質的対象認識の分析 : 歴史的社会的必然性の認識と法則性の発見を求めて

  • 末﨑栄司著
  • 京都 : 文理閣
  • 2018.5

末崎 栄司先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

社会福祉という学問(科学)と他の諸科学との違いを鮮明にするためには、どのように対象認識(対象規定)を行うのかが極め重要である。すなわち、社会福祉という学問(科学)の固有性や独自性、さらには本質そのものを探究し主張する場合に、この対象認識(対象規定)の本質的分析が不可欠となる。この極めて重要な本質的対象認識の分析を社会科学的な研究方法を用いて、この著書のなかで論じた。
紹介文あり

戦前期における社会事業の展開 : 自由と全体性の変遷をめぐって

科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書; 2012年度-2014年度

  • 杉山博昭研究代表者
  • 岡山 : 社会福祉形成史研究会
  • 2015.2

人と社会に向き合う医療ソーシャルワーク

  • 黒岩晴子編著
  • 大阪 : 日本機関紙出版センター
  • 2015.5