検索結果

表示件数: 32

押さえておきたい 地域福祉・社会福祉協議会

  • 菅野 道生/編著
  • ぎょうせい
  • 2022.6

新井 康友先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

本書は、社会福祉協議会で社会福祉士実習を行う際、事前学習で活用できます。また、社会福祉協議会で働く上で必要なキーワード・トピックスが紹介されていますので、社会福祉協議会で就職したいと思っている学生は一読してください。
紹介文あり

コロナ禍で見えた保健・医療・介護の今後 : 新自由主義を超えて

  • 日本医療総合研究所/編
  • 新日本出版社
  • 2022.4

長友 薫輝先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

なぜ医療が崩壊するのか、いつから感染症に弱い国になったのか。私たちは重い問いに直面しています。戦後の医療・保健の歩みと歪み、介護現場や貧困問題の実態と構造、医療のデジタル化や「全世代型社会保障改革」など新自由主義の展開――歴史的で多角的な検証をふまえ、現在地から医療・福祉再生の道を探った書籍です。
紹介文あり

여자정신대, 그 기억과 진실(女子挺身隊、その記憶と真実(韓国語))

  • 朴 光駿
  • 뿌리와이파리 (プリトイパリ)
  • 2022.2

朴 光駿先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

1943年から終戦までの期間中、労務動員された「半島女子勤労挺身隊」の選抜から結成・引率・労働・労災・死亡・帰国に至るまでの具体的な実態について、微視資料を用いて詳細に記述したもの。約60名の口述記録をもとにしている。
紹介文あり

「自立支援介護」を問い直す 介護保険を使わないのが「自立」なのか

  • 大阪社会保障推進協議会 「自立支援介護」問題研究会編集
  • 日本機関紙出版センター
  • 2021.10

新井 康友先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

「自立支援」は魅力的言葉だが、介護保険制度の「自立支援」は介護費用を抑制するために要介護者を減らすことが目的になっている。2040年の超高齢社会のピークに向けて、それは為政者がもくろむそのような「自立」は本当に可能なのか。その果てで介護保険制度はどうなるのか。変質する介護保険の実態を告発する!
紹介文あり

社会的孤立死する高齢者たち : 誰もが陥る可能性を避けるために

  • 新井康友、松田尚子、渡辺慎介、𠮷川順子、石田史樹
  • 日本機関紙出版センター
  • 2022.1

新井 康友先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

2021年2月19日、内閣官房に「孤独・孤立対策担当室」が設けられた。今日、わが国では孤独・孤立は社会問題になっている。本書は、高齢者の孤立死や社会的孤立について勉強し始めた大学生に読んで欲しい1冊である。具体的な事例を用いて論じているので、初学者でも理解しやすい内容である。タイトルにある「社会的孤立死」は造語である。
紹介文あり

障害者家族の老いる権利

  • 田中 智子
  • 全国障害者問題研究会出版部
  • 2021.7

田中 智子先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

 最も濃密で長期にわたるケアを必要とする障害者の家族は、生涯ケアラーであることを社会的に要請されています。障害者家族はどのような現実を生きておられるのか、社会的支援はどのような実態になっているのかを現場の調査や取材を通して、明らかにしました。  障害者ケアに生じる様々な社会的困難は、子育てや高齢者介護などあらゆるケアに通底すると考えられます。誰もが生老病死を通じて、ケアからは不可避です。ケアを尊重した社会とはどのようなものであるかを一緒に考えていきましょう!
紹介文あり

朝鮮王朝の貧困政策 : 日中韓比較研究の視点から

  • 朴光駿著
  • 東京 : 明石書店
  • 2020.5

朴 光駿先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

本書は、専門書であるが、社会政策の歴史研究、とくに東アジア社会政策史の比較研究に関心を持っている学生には、第一章と第二章をまず読むように勧める。日本社会政策史、江戸時代の貧困政策に関心を持っている学生は第5章が参考になる。
紹介文あり

知的障害者家族の貧困 : 家族に依存するケア

  • 田中智子著
  • 京都 : 法律文化社
  • 2020.4

田中 智子先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

今の日本において、障害がある人をケアするということは、家族にとっては貧困リスクを高める危機となります。障害のある人も家族も当たり前の人生を歩むためには、お互いに自立することができるための手立てが必要です。その手だてを考えるうえで、まずは、障害のある人と家族の暮らしの実態を家計を切り口に明らかにし、なぜ家族がケアに引き付けられるのかということを整理しました。ケアはすべての人の人生に共通するテーマです。本書を読んで、ケアを担うことが社会的不利につながらない仕組みについて考えていただければと思います。
紹介文あり

北東アジアにおける高齢者の生活課題と社会的孤立 : 日本・韓国・中国・香港の今を考える

  • 小川栄二 [ほか] 編著 ; 岑啟灝 [ほか] 執筆
  • 京都 : クリエイツかもがわ
  • 2019.4

新井 康友先生(社会福祉学部社会福祉学科)による紹介文

「高齢者の援助拒否・孤立・潜在化問題研究会」の15年間の活動を通して、民生委員、介護支援専門員、地域包括支援センター職員への事例調査から明らかになった、食事や衛生状態などの日常生活、健康状態、虐待といった高齢者の生活の悪化について論じた。日本を含む北東アジアにおいて共通する、高齢者の生活課題や社会的孤立(孤立死)のメカニズムに迫り、高齢者に対する政策課題について検証する。
紹介文あり

社会的養護の当事者支援ガイドブック : CVVの相談支援

  • Children's Views & Voices, 長瀬正子著
  • 大阪 : Children's Views & Voices
  • 2016.11